葬儀の親族代表挨拶

葬儀の喪主の挨拶について

葬儀の親族代表である喪主の挨拶

葬儀では、焼香も終わり弔電の朗読も終わると、参列した会葬者に感謝の気持ちを伝える親族代表挨拶があります。大体の場合は、喪主が挨拶するのが一般的で、式場の正面に立ち、マイクを通して感謝の言葉を述べます。昔は、葬儀でこれになるのは、夫が死んだら妻はならないとか、子が死んだら親はならないとか縁起を担いでいましたが、現代では気にする人も少なくなり、しきたりは関係なくなってきているようです。ちなみに施主との違いは、式を仕切る人が喪主で、式や火葬の費用を出す人を施主と言います。現代では両方を兼ねるものが多いようです。

葬儀の席で喪主が挨拶をすること

葬儀の席で喪主が挨拶をすると、自然と聞き入ってしまう、拍手したくなるなどの長所が存在します。喪主は自身よりも年上の人が行うのが一般的なことから、始まるとつい聞いてしまいます。口に出して何かを言うと怒られるので、コメントがある場合は頭の中で言ったほうが無難です。また、内容が葬儀のことを上手く伝えていた際は、参加者が拍手喝采してくれます。嬉しい気持ちだと思われますが、口元が緩むと面倒なので、無表情を装ったほうがいいです。短所は、話す内容を考えるのが面倒なことです。ただ、故人とのエピソードは必ずあるはずなので、それを紹介すれば楽に済みます。

新着情報

↑PAGE TOP