家族葬の方法とは

家族葬はどう違うのか

家族葬という葬儀の方法

家族葬とは普通の葬儀とは少し違います。普通のお葬式は宗派にもよりますが、訃報を知らせた後、仮通夜、通夜、告別式、精進落としとなります。弔問客や香典などを受け、後に香典返しを行ったりする必要があります。ですが、家族葬とは故人の家族、親族まれにごく親しかった友人のみで行われる葬送で、一般の弔問客や供花、香典、弔電などを辞退することが多く、訃報を聞いてもすぐに駆けつけないことが大切です。故人の遺志や遺族の意志で行われることですので、それを尊重するのがマナーです。

↑PAGE TOP