葬儀での一般的な挨拶

葬儀での喪主の一言挨拶

葬儀で喪主は参列者に一言挨拶

葬儀の時は喪主は参列者に一言挨拶をすることになりますが、何を言ったら良いか分からずに困ってしまうことがあります。ただ話す事柄については大体決まっているので、それほど考え込む必要はなくインターネット等になっている挨拶の文例集を参考にするのも一つの方法です。しかし大切な人が亡くなって気落ちしている時には何も頭に入らないこともありますが、それでは葬儀に参列してくれた人に対して失礼です。ですから少し辛くても頑張って話す必要がありますが、どうしても言葉が見つからない時には紙に書いてそれを読むと言う方法もあります。そのような形であれば何も問題はないのですが、それでは心が籠もってないと思われることもあるのでできれば何も読まないで読んだ方が良いです。

喪主の挨拶について知ろう

葬儀の際に喪主は挨拶を行います。その際には気をつけておくべき事があります。葬儀は平日に行われる場合がほとんどです。そのため仕事中に抜け出して参列するか、有給を取得して参列します。子どもだと学校を休んで参列します。そのことに感謝の意を示さなくればいけません。その上で故人に対して指導してくれたことに対して感謝の意を伝え、これからの指導を依頼する内容を伝えて行きます。初めて喪主になる場合などでどのような話をした良いか分からない場合には、セレモニーホールのスタッフに相談したら、適切な指導をしてもらえるので安心できます。

↑PAGE TOP