葬儀では自然な言葉で

葬儀の挨拶では禁句に注意

葬儀での挨拶時にの禁句とは

身内の方や知り合いに不幸があって葬儀を行う際に、挨拶の場で禁句とされている言葉を知らないと意識していなくても失礼になってしまう事があります。例えば度々や重ね重ねに、いよいよとか次々など同じ言葉を繰り返すような言葉は、忌み言葉と言って不幸を繰り返すと言う意味からも使わないようにするのが礼儀です。他にも宗教ごとに色々とあるのですが、忌み言葉以外にも安易な励ましの言葉は返って相手の方にプレッシャーを与えたり余計に傷つけてしまう事もあるので、葬儀の際には禁句として意識しておいた方が無難と言えます。挨拶で言葉をかける際には逆の立場になって考えれば、自然と言葉も選べる様になるのです。

通夜告別式での喪主の挨拶につて

葬儀を執りおこなう喪主は通夜、告別式で参列者に対しお礼を含め簡単な挨拶をします。葬儀進行をおこなうMCや進行担当者から事前打ち合わせの段階で通常、このひな形を渡されます。しかしながら このひな形が堅苦しい単語の羅列になっています。通夜、告別式に参列した場合 喪主がもたつく場面に遭遇したことありませんか。これは 自分の言葉ではなく 渡された羅列された単語で構成された文章を無理して その通り言おうと焦るので 起こるのです。参列者への感謝を含め喪主自身の言葉のほうがリアリティーがあり参列した人々の心にも響くのではないでしょうか。

↑PAGE TOP