葬儀の中の家族葬

家族葬という名の葬儀

葬儀の主流となりつつある家族葬

葬儀は、生前の功績や権力をアピールする意味合いも含めて盛大に行われたきましたが、現在では長く続く経済不況や墓の継承者不足などの社会問題により家族葬や直葬、ゼロ葬などシンプルかつコンパクトな葬儀が急増しています。特に家族葬は、通夜や告別式を通常通り行い火葬を経て埋葬するので故人に対しての孝心をしっかりと果たせる上にコストも非常に安く抑えることが出来るので、遺族にとっては大きなメリットが大きいと言えます。

↑PAGE TOP