葬儀の参列者にお礼

葬儀での遺族からの挨拶

葬儀では喪主が遺族代表で挨拶

葬儀告別式を行った際には喪主が遺族を代表して挨拶を行います。その際には注意しておくべき事があります。葬儀告別式に参加している人は仕事を抜け出してきたり、遠方から来ている場合があります。中には新幹線などを利用して来ている場合もあります。そのような人に対して感謝の意思を伝える事が大切になります。さらに参列している人は過去に故人がお世話になった人であるので、そのことに関する感謝を伝えなければいけません。どのような話しをしたら良いか分からない場合には、セレモニーホールのスタッフに聞けば丁寧に教えてもらえます。

喪主として葬儀時の挨拶

自分の両親が亡くなった時、喪主をやることになると喪主としての挨拶をしなくてはなりません。 お通夜、および葬儀の際に、故人が生前お世話になった方々や近所で家族一同お世話になっている方々に対して故人になり代わっていままでの感謝を伝えねばなりません。 葬儀社さんに相談すれば、挨拶のひな型はありますので、それほど神経質になる必要はなく最低限失礼にならぬような例文を話、それ以外は、故人が日ごろ話していたことや、気を使っていたこと、生き方、学んだことなど人柄がしのばれるエピソードなどを含めて文章を作り、読みながら語りかければ良いのです。

↑PAGE TOP